薄毛を気にしている中年男性

男性ホルモンの影響によって薄毛や抜け毛の症状があらわれることを、AGAと呼んでいますが、近年ではAGA治療を受けることができる医療機関も増えています。
AGA治療としては2種類の方法があって、1つは内服薬や外用薬による治療となります。
AGA治療薬を使用した治療は、プロペシアやミノキシジルなどを服用することによって改善を行う方法です。
もう1つの方法は成長因子や育毛剤の注射による施術などを行って、体内に育毛成分を直接的に注入することで弱くなっている毛根を太くて強いものに育てる治療となります。
これらの方法は育毛メソセラピーなどと呼ばれているもので、様々な医療機関で受診することが可能です。

AGA治療薬による治療としては、プロペシアやミノキシジルは厚生労働省によって認可されている医薬品となりますので、高い効果が期待できます。
AGAの症状が発生する大きな原因として、男性ホルモンが還元酵素である5αリダクターゼと結合することによって、抜け毛作用を引き起こすDHTを発生させてしまいます。
プロペシアに含まれているフィナステリドは、DHTが発生する原因である5αリダクターゼの働きを阻害する効果がありますので、AGAを引き起こすDHTの増加を防ぐことができます。
プロペシアに含まれているフィナステリドの効果によって、DHTの生成を抑制を行って、髪の毛が通常持っているヘアサイクルに戻すことが可能になります。
プロペシアによる治療は、毎日の服用が必要となり、効果を実感するためにはおよそ6か月間以上の継続的な服用が必要であると言われています。

少し効果が出た場合であっても、服用を止めてしまうことによって薄毛や抜け毛の症状が再発してしまう懸念があります。
また、プロペシアの服用をはじめとした薄毛や抜け毛の治療は、基本的に自由診療となりますので、健康保険の適用を受けることができません。
そのために、継続的に治療を行うためには、大きな費用がかかることも考慮に入れて治療を始める必要があります。

AGAの治療費は保険適用にならず個人負担

保険証

男性型の脱毛症を発症している場合には、改善させる効果が得られるAGA治療薬を服用する治療法を行うことができます。
認可を受けているAGA治療薬としてはフィナステリドを配合しているプロペシアや、育毛剤であるミノキシジルなどがあります。
フィナステリド錠剤やミノキシジル配合の育毛剤などは、高い確率でAGA治療を行う医薬品として効果が認められていますが、保険の適用対象外となっているために治療を行うためには高い費用がかかります。

近年では一般の病院とは違って、AGA治療を専門的に受けることができる医療機関もあります。
これらの機関で治療を受けるときには保険が適用されませんので、費用の面については全て個人負担を行って受けることになります。
頭髪の専門病院では、AGA治療薬としてフィナステリド錠剤などの処方を受けることが可能です。
治療薬だけではなく、AGAを改善させる目的として行う診察や服薬指導、調剤などにおいても保険の適用はありませんので、治療費用としては全面的に個人負担となります。
日本では国民は勤務先の健康保険や国民健康保険に加入することが決められており、実際に治療に必要な費用のうちの、1割から3割の負担で治療が受けられる医療保険の制度が行われています。

ただし、保険の適用が受けられるのは病気に関する治療ですので、頭皮が薄くなる症状などのAGA治療については、加齢による自然現象という受け止め方になるために健康保険の適用対象の症状と解釈されています。
医療費が高額になるときには、医療費控除の制度がありますが、医療機関で受ける治療であっても、容姿を美化する目的や容貌を変化させるための費用については医療費に該当しません。
ですので、AGA治療のために必要になった費用は医療費控除の対象とならないことも、治療を開始するときに把握しておくことが大切になります。

男性ホルモン分泌が薄毛の原因になるとは限らない

人差し指を差している男性医師

男性で薄毛に悩む人は、自分は男性ホルモンが強いから薄毛になるんだと決めつけている人も多いのではないでしょうか。
しかしながら、男性ホルモンは男性が生きていく上でさまざまなプラスの効果を発揮します。
男性ホルモンは、生きる活力を与えてくれるといわれており、必ずしも悪い面ばかりではありません。

ではなぜ男性ホルモンが薄毛につながると考えられているかというと、男性型脱毛症であるAGAが男性ホルモンが原因で発症するといわれている情報が多く出回っているからではないでしょうか。
正確には、男性ホルモンは直接関係はなく、それが変異して生成された物質が原因であるのに、そうした間違った情報がインターネット上などに多く見受けられます。
男性ホルモンが原因で薄毛になると考えている人は、いかにそれを抑えるかと考えている人も少なくないかもしれませんが、それをおさえることによって他にさまざまな悪影響をおよぼすこともあります。
勃起障害につながったり、精神的に不安定になってうつ気味な気分になったり、疲労感が全然抜けないという症状がでてくることもあります。

インターネット上の情報は、正しい情報と正しくない情報が入り乱れている状態ですので、自分でその情報が正しいのかどうか判断する目が必要になってきます。
もし、間違った知識を信じてしまって、男性ホルモンをむやみにおさえるような治療法をとってしまうと、他の身体の部分に悪影響を与えかねません。
ホルモンが影響するのは、AGAといわれる男性型脱毛症にかかっているかどうかに関わってくるので、まずは自分が男性型脱毛症の症状なのかどうかを医師などの診断を仰いでから判断することが大切になってくるかもしれません。